ショッピングカート
ご利用案内
商品検索

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
rss atom
ホーム SHOES ASAHI アサヒ / TRAINER 3 gray men
ASAHI アサヒ / TRAINER 3 gray men
" ASAHI TRAINER 3 "

ASAHI 渾身の新作ジョギングシューズが2020春リリース。

"ASAHI" ジョギングシューズは、かつて世界的ブランドのスポーツシューズの製造を請負っていた、由緒あるアサヒ・久留米工場で一貫生産されます。

これまでの ASAHI TRAINER シリーズは、主に1970年代の製法やスタイルを踏襲しましたが、今作は1964年当時のASAHI RUNNER SHOES から耐摩耗アウトソールデザインを継承し、厚みのあるEVA削り出しミッドソールを採用、優れた緩衝性とスタビリティー。
アッパーには新たなサンプリングを重ね 1980年スタイルを目指し製作されています。

古典的な製法ながら素材を最大限に活かした履き心地を体感してください。

「ASAHI」のジョギングシューズの素晴らしさは、EVA素材をミッドソールとして一つ一つ職人による手作業でソールを削るというアナログな方法が用いられており、初期の「NIKE」や「BROOKS」のジョギングシューズをアサヒで作っていた当時の技術者が、現在も工場にて作業を行っています。






























**NOTICE**
これまでの ASAHI TRAINER シリーズ(1.2)
とサイズ感が異なります。
他ASAHI製品とも若干サイズ感が異なりますので以下のサイズ表記を目安にサイズを選択してください。


ASAHI TRAINER : cm / NIKE : inch (cm)

25.0CM / 7.5 (25.5CM)
25.5CM / 8 (26CM)
26.0CM / 8.5 (26.5CM)
26.5CM / 9 (27.0CM)
27.0CM / 9.5 (27.5CM)-10(28CM)
28.0CM / 10(28CM)-10.5 (28.5CM)
※27.5cm, 28.5cmの展開はありません。

MADE IN JAPAN




1892年創業 120年を超える歴史を持ち、高品質のより良い靴をお届けするために、確かな技術と信頼を
次の世代へ継承するため、国内製造にこだわり続けている "ASAHI アサヒ"。
そのシューズ工場は 福岡県久留米市 にあります。
1970年代の日本ではアメリカ製「スペリー・トップサイダー」は爆発的人気を博します。
1980年代に入ると、これを参考に「アサヒ工場」も日本製デッキシューズ「BigBen(ビッグベン)」の生産をスタート。
それはアメリカ製のオリジナルを凌ぐほどの出来栄えで、まさに日本が誇れる職人技。
これを機に「アサヒ工場」は、様々なブランドのデッキシューズの生産を請け負うようになりました。
アメリカ製「スペリー・トップサイダー」は生産終了となり、アジア工場に移行していくことで、少しずつ美しい造形が失われ、ファンは以前の造形を求め出します。
そして「スペリー・トップサイダー」が完全復刻される時が。当時の趣を再現できる生産工場として、久留米の「アサヒ工場」が選ばれました。
そして 2017年「アサヒ工場」から待望のキャンバス製デッキシューズを発売。
ブランド名は「ASAHI(アサヒ)」。
スニーカーといえども、かつてのデッキシューズが持っていた美しい造形に、忠実な手間とつくり。生地には糊を使用せずに縫製・左右比対称になったパターン構造など、こだわりの職人技を活かした美しい物作り。
国内では希少となっているバルカナイズ製法を継続し、磨き続けています。
デッキシューズの他にジョギングシューズも有名な アサヒ 。
かつて 初期の「NIKE」や「BROOKS」のジョギングシューズも作っていました。
当時の技術者が、現在も工場にて活躍してるのも驚きです。
2017年より新たにスタートした「ASAHI」のロゴは、昔の手描きでつくった1970〜80年代の旧ロゴを復活。
地道な作業と手間のかかる工程を丁寧に踏んで出来上がったスニーカーを是非体感してください。

型番
033-KF50071
定価
22,000円(税込)
販売価格

22,000円(税込)

購入数
Color
Size